バードウォッチング

Image

西部州を訪れる人はバードウォッチャーであろうがなかろうが、必ず鳥について何か言います。パプアニューギニアの鳥類の総数中50%以上がいる西部州の生態地域があなたに目撃されるのを待っています。アラミア氾濫原沿いにあるバリモでは、ペリカン、サイチョウ、ワシ、ゴクラクチョウ、オウムが見られます。ウォッチャーの中には、ジュウニセンフウチョウ、炎のニワシドリと呼ばれるオウゴンフウチョウモドキ、ムネアカカンムリバト、ヒクイドリ、アルーラケットカワセミ、スマトラサギ、オナガフクロウ、パプアウズラチメドリ、クロシロマユヒタキ、ヒヨクドリ、カオグロカササギビタキ、キンバト、セグロヤイロチョウ、そして様々な渡り鳥を目撃したと報告する人もいます。鳥が好きでここまで来たのなら、ぜひモアヘッドとノマドかマレー湖地域に行き、ベンスバチ野生ロッジにあるベンスバチも見逃さないようにしてください。