西部州

人間よりも鳥と動物が数多く住む州

Image

パプアニューギニアのアフリカンサファリ、それが西部州です。釣り師、フォトグラファー、そして動植物ファンにはぴったりの目的地です。
西部州は、パプアニューギニアの中でも独特です。ルサ鹿、ワラビー、野生の豚の生息地である開放的な牧草地が探索できます。川岸で辛抱強く待っているワニやトカゲ、それから川の上を旋回しながら飛んでいるような野生の鳥やアヒルが目撃できます。西部州にあるのは、一つの州を横断するパプアニューギニア最大の2つの川、フライ川とストリックランド川です。

小さい島のダルの沖合にある西部州の中心的存在である町は、ワイルドワイルウェストそのものです。一時は真珠およびナマコ取引で賑わった港でしたが、現在のダルは成長中の漁業の中心にあります。ここでは、州の各地から送られてくるワニ皮を詰めて輸出する様が見られます。

必見
•    国最大の保護地区であるトンダ野生管理地区に行く
•    ミドルフライにあるワウォイ滝が最大の滝であるかどうか確認する
•    口が開いてしまうぐらいの比率であるヒンデンバーグ・ウォールの断崖を実感する

アクセス
ポートモレスビーからの国内線便はダルまで直行で運航されています。西部州の他の地域は第3レベルの航空会社やチャーター便でアクセスすることができます。