必見の島々を中心とした旅程

Image

ミルン湾州には、トロブリアンド、ウッドラーク、ラックラン、ルイジアード、コンフリクト・アイランズ、サマライ、ダントルカストーの7つの諸島群があります。島の名称は、ダントルカストーが周辺の海を航海した1660年にもさかのぼる様々な探検家の名前から来ています。
アロタウは、遠く離れた島々を訪れるための本拠地とするのにちょうど良い所です。ちょっとした日帰り旅行を楽しみたいなら、本土の最も東端にある東ケープはどうですか?もう少し長いされたい場合は、ケープに最も近い村にあるオイマ・ゲストハウス(Oima Guesthouse)に泊まれます。ここでのシュノーケリングとダイビングは最高ですが、そこまでの道のりの景色にも感動できます。

旅程1
サマライ諸島&チャイナ海峡:24haサマライ島は、1968年まで州都でした。ここでゲストハウスに泊まっても近隣の他の島に泊まっても良いでしょう。どこに行っても素敵なビーチとサンゴ礁はたくさんありますし、中にはトレイルがある島もあります。

旅程2
ダントルカストー諸島内のファーガソン島には、活発な温泉地帯、天然温泉、泥炭地、噴気する間欠泉、火山があります。宿泊施設で、ほっとしたひと時を過ごせる露天風呂まで案内してくれるガイドを紹介してくれます。サラモ、そして海岸沿いに船で45分進むとあるナディの両方で宿泊可能なゲストハウスがあります。さらには散歩や山歩きが楽しめる素晴らしいトレイルもたくさんあります。

地域の役所本部は、壮観なドブ海峡の入り口にあるノーマンビー島のエサアラにあります。近くにあるゲストハウスは、比較的街に近い、眼を見張るようなシュノーケリング体験が味わえる多くのサンゴ礁周辺の旅や探索を楽しむ間の本拠地にぴったりです。
長さ26キロ、標高2566メートルのグッドイナフ島は、平らな沿岸部の平野の上にそびえる、素晴らしく険しい島です。宿泊は、この地域最大の2村落、ボルボル村とヴァイヴァ村にあります。グッドイナフ島の頂上は、ロクロクヤ村から2日で登り切ることができますが、登るためには許可が必要であり、ガイドを連れて行くことが推奨されます。この地域でのシュノーケリングは、実に貴重な体験です。

旅程3
さらに遠くにあるミシマ島は、1930年にゴールドラッシュが起きた所です。現在ではその跡に大きな鉱山が開発されました。鉱山を見た後は、北方ウッドラーク島へ向かい、熟練した木彫職人に会い、パプアニューギニアでの思い出に素敵なお土産を見つけましょう。

旅程4
トロブリアンド諸島:フレンドリーで平和的、友好的なミルン湾の人々の魅力を最も身近で感じることができるスポットは、低地のトロブリアンド諸島です。財産と権力が母系で継承される、族長による支配と影響力が未だに強力な、世界でも独特な社会制度を、ぜひご体験ください。6月〜8月は、男性が新しく収穫されたミラマラ・ヤムを畑の収穫小屋から村のヤム屋に運ぶ間、女性が歌い踊る、ミラマラ・ヤム収穫祭をご体験ください。「愛の島」とも呼ばれるトロブリアンド諸島での伝統儀式をとっくりご覧ください。
 

キリウィナ島にあるルイーザでは、居心地の良い時が過ごせます。村落での宿泊に関してはここでお問い合わせください。ここでは、数々の淡水の水たまりや埋葬用洞窟が見られます。スイミングを楽しみたいなら、最適なのはワウェラビーチです。ここでは、シュノーケリングを楽しむのにぴったりな素敵なラグーンとサンゴ礁もあります。