マヌス州

最小の州にある豊かな生物多様性

Image

歴史、豊かな文化、新しいツーリズムが注目を浴びようと懸命にがんばっているごく小さい火山島を訪れましょう。

アドミラルティ諸島と低地でほぼ全て無人の環礁の散らばりが、北端で赤道に接するマヌス州を形成しています。観光客は稀にしか現れないここでは、マヌス式の冒険向けに綿密に計画を立てましょう。朝は、ロレンガウの主なハブにあるマーケットを巡ってみましょう。それから現地のガイドと共に午後からのアクティビティの予定を相談しませんか。

必見
•    独特で豪華なガラムトゥ率いる伝統的なマヌスダンスのリズムに乗る
•    サンゴ礁に住む魚、マグロ、サバ、カニ、ロブスターを含むマヌス名物の新鮮な魚とシーフードをハーバーサイドのレストランで食べるかゲストハウスで注文する
•    1950年代に海中で噴出し急速に冷えた溶岩でできた小さい島トゥルマンを探索する

アクセス
ポートモレスビーからマヌスにあるモモテ空港まで国内便が週に5回運航されています。シャトルサービスを予約しておくか、PMVバスでロレンガウ町まで行きます。空港からは西へ30分走行した所にあります。