サーフィン

パプアニューギニアにある100種のブレイク

Image

サーフィンの目的地としては、まだ新入りのパプアニューギニアですが、その多種多様なブレイクは熟練したサーファーたちにも何日にもわたる大きな挑戦を提供することがすでに話題になっています。

パプアニューギニアでは、一年中様々なサーフィンが楽しめます。ポートモレスビーの10分外にある南方には、(タウラマ・ポイント)セロボード・ライダーズクラブがあります。この地域の主なバリアリーフは、南方の海岸線からミルン湾州まで伸びています。ここのブレイクも他の地域に引けを取らないぐらい難しく、清々しいものです。パプアニューギニアでは、モンスーン期である10月から4月までの間、何千マイルにもわたる海岸線とその壮観な風景および手つかずで自然なままの環礁でいつでもサーフィンができる環境が整っています。赤道の少し南、オーストラリアの100マイル北に位置しています。PNGは、温暖な海水と一定した波に恵まれ、バニモ、ウェワク、マダン、ニューアイルランド島の一級サーフィン地にある、現地の人々の豊かで多様な伝統文化に彩られています。

でも、PNGの魅力は素晴らしいサーフィン地だけではありません。サーファーが楽しむ同じ風は、まだ比較的ファンの少ないカイトサーファーにも最高です。PNGの温暖な海には人が少なく、カイトサーフィンを楽しみたい人にはぴったりです。自然のままの青いラグーンが静かな水面を好む人々を惹きつけるかたわら、リーフブレイクは、チャレンジに満ちたライディングの波を投げかけます。5月下旬から11月にPNGに来ると、一定した10.25ノットの風速を出す貿易風を楽しむことができます。カイトサーファーは、PNGの南方に注目するとサーフィンが思う存分楽しめますよ。ポートモレスビーとミルン湾の周辺は、最高のコンディションと見事な景色の両方があります。ポートモレスビーから15分のセロ・ビーチには大きなラグーンがあり、その500ヤード先にはサーフブレイクが広がります。ドーゴ島はポートモレスビーから船で20分ほどのところにある、現地ではカイトサーフィンに最も適した場所のひとつです。海岸を2時間下ると、カイトサーファーには最適な環境である、貿易風の影響を最も受ける大きなフラ半島が現れます。

他にもパプアニューギニアのサーフィンスポットとして探索されているスポットは、ブーゲンビル島のミルン湾地域と東ニューブリタン州のガゼル半島が挙げられます。ここには、サンゴ環礁の周辺にポイントブレイクとビーチブレイクを含む、3から6フィートほどのハイクオリティの波があります。最速25ノットの一定した南東からの風が、早くもファンを獲得しているカイトサーフィンに最適なコンディションを作り上げているため、どんどん人気を集めています。

サーフ管理のSAPNG開発

パプアニューギニアの一貫性のある、制御された観光開発は、過去22年間を通して構築されたサーフアソシエーション・アベルリザーブのスパイラル管理システムを通して、現地の人々に利益を与えます。これは世界の他のニッチな観光セクターにも適用可能な前例のない独自な公平で持続可能なサーフツーリズムモデルのアプローチの構築に至りました。

この開発モデルは、SAPNG戦略的マスタープランへ出資したIFCを通して世界銀行の目に止まりました。SAPNGは現在、SAPNGサーフィン管理および開発法として知られる議会制定法のための法案の草案を作成し始めたところです。

一日中風の吹く方向により右または左からオフショアコンディションの良い、リド村にあるバニモで一番のサーフィンスポットからすぐのところにある、バニモビーチ・ホテル、サンダウン・モテル、バニモ・サーフクラブからはパプアニューギニアの宿泊施設および交通機関が簡単にアクセス可能です。

ニューアイルランド州のカヴィエン周辺には、多くのコンディションが良い、多様性に富んだサーフブレイクを生み出す、多数のリーフセットアップがあります。カヴィエンのすぐ外にあるのは、エコを意識した環境に対する影響を最小限にしたヌサ島リトリート。ここではPNG宿泊設備、食事、周囲の島々へのボートでの交通を提供します。ここでのブレイクは3フィートから8フィートほどです。この地域とヌサ島リトリート周辺の波は、1日あたり宿泊するサーファーの人数を抑えており、サーフィンのシーズン中は予約を取るのをなかなか難しくしています。

場所

パプアニューギニアのサーフクラブと提携しているパプアニューギニアのサーフィンアソシエーションは、現在、カヴィエン、バニモ、サンセット、ワロモ、ヤコ、トゥピラ、セロ、中央ニューアイルランド、ドルフ、トーラマの10団体あります。

サーフィンをするためにパプアニューギニアへ来ようと思っているあなたのためのさらに詳しい情報は、ポートモレスビーにあるPNG観光推進局に問い合わせることで得られます。パプアニューギニア(675) 3200211またはパプアニューギニアでのサーフィンに関する詳細情報に関しては、以下をご覧ください。

Mr. Andrew Abel (President) 

P.O. Box 240

University PO, NCD. 

パプアニューギニア

メール:[email protected] 

 

パプアニューギニアのサーフィンアソシエーション(SAPNG)のホームページに行くにはここをクリック